握手

事業承継策計画の立案・実行支援サービス

事業承継は必ず訪れるものと認識しましょう

事業承継は、いつか必ず訪れるものです。長年に渡って築き上げてきた事業を、いつ、誰に承継するのか、経営者は考えておかなければなりません。
高齢化社会の今、この問題に直面している企業・事業が急増しています。
事前の準備なく会社を引き継がせたために、世代交代がスムーズにできず、会社経営が混乱の危機に陥ることもあります。
まずは、事業承継について一緒に考えることから始め、将来後悔することのないように、対策を立てていきましょう。

事業承継の準備のポイント

後継者へ株式等の事業用資産を集中させること、後継者以外の相続人への配慮が大切です。具体的には
・後継者の育成
・後継者に対する社内外の関係者の協力を要請
・現経営者の財産を後継者へ引き継ぐこと
がポイントとなります。

事業承継税制の活用

上場企業とは異なり、株式の集中を意味します。
後継者への財産の引き継ぎに関しては、税金の負担や資金の問題など多くの問題が発生します。
このような状況を受け、中小企業の事業承継をスムーズに行うことができるように、経営承継円滑化法の制定や税金面での改正が行われております。
それらを活用して、有意義に円滑に準備を進めましょう。

 

 

事業承継サービスの流れ

1. 経営者の個人財産と会社の財産の診断

不動産や会社の株式等の価値の診断を行い、現状の問題点などがないかなどを確認をしていきます。

2. 後継者以外の相続人の確認

検討の対象者(想定相続人)を確認し、事業承継がスムーズに行うことができるように、後継者以外の方への配慮も含めて事前に準備しておきます。

3. 事業承継の計画書作成

各種の状況把握・診断に基づき、中長期的な事業承継計画をご提案させていただきます。