利益は目的ではなく、判定基準

利潤動機なるものには、利益そのものの意義を間違って神話化する危険がある。
利益は、個々の企業にとっても、社会にとっても必要である。
しかしそれは、企業や企業活動にとって、目的ではなく条件である。
利益は、企業活動や企業の意思決定にとって、原因や理由や根拠ではなく、その妥当性の判定基準となるものである。
企業の判定基準は利潤の極大化ではない。
それは、経済活動に伴うリスクを補填し損失を回避するために必要な利益の実現である。

判断基準