報告書は書かせるもの 読まなくても良い

報告書には「報告」以外にもう一つまったく別の機能があります。
報告書が書かれるとき、それを書く人は口頭で報告する時よりも、厳密にならざるを得ません。作成者は報告書の説明の中で、問題個所を確認し処理せざるを得ないからです。
つまり、そういう規律と思考を自らに課さざるを得ないところから、報告書の価値が生じてくるのです。報告書は情報を伝える方法というよりは、 “自己規律訓練”の“手段”なのです。

報告書を“書くこと”は重要だが、読むことは重要ではないことが多いということです。

これまでの知識は間違っている